フィナステリドを配合したジェネリック医薬品フィナックス

フィナックスはインドの製薬会社から発売される飲み薬で、男性の薄毛の症状で有名なAGAまたは前立腺肥大症の治療薬となります。

有効成分は5αリダクターゼ阻害薬に分類されるフィナステリドで、1錠あたり1mgが配合され、排尿障害による前立腺の治療薬として使用するにも根本治療が難しいことから主にAGAの治療で使用されます。

フィナステリドを配合したAGA治療薬は、日本の厚生労働省が認可するプロペシアが先発医薬品となりますが、フィナックスは製造コストを下げて安価で提供されるジェネリック医薬品になります。

先発医薬品の半分以下の値段となることから、健康保険が適用されず高額な医療費になりやすいAGA治療の現場においてとても重宝される薬となっています。

フィナステリドは服用したからすぐに作用するというものではなく、ある程度の時間が必要とされていて、3ヶ月から6ヶ月の間は毎日服用しなければ効果を実感することができないと言われています。

これだけ長期的な服用になることから、AGAを改善するには高額な治療費が必要となりますが、ジェネリックによって低コストとなったフィナックスであれば長期的な治療でも出費を抑えられるようになります。

頭部のDHT濃度を下げることで薄毛を抑制するフィナックス

フィナステリドの作用はAGAの原因物質となるDHTを生成する際に必要となる5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きを阻害する作用を持ち、頭部においてDHTの濃度を下げることによってこれまで進行していた薄毛の症状を抑制または遅らせるようになります。

これまで頭部に高濃度で見られたDHTは、ヘアサイクルを狂わせて抜け毛を促進すると言われていましたが、フィナックスの作用によってDHTが抑えられることで正常な毛髪の成長ができるようになります。

フィナックスは前述のようにインドの製薬会社が販売していますが、日本への流通ルートは存在していません。

そのため、日本では未認可となっていて病院で処方されることはなく、特許による問題の観点からも、今後も認可される可能性はないでしょう。

入手する方法は海外からの個人輸入のみとなるので、通常は代行サイトからのネット通販で購入することになります。

フィナステリドに禁忌薬というものはないので、特別に気をつけることはありませんが、男性ホルモンに作用することから男性用のAGA治療薬となっていて、女性が服用することは禁止されています。

また、皮膚から成分が吸収されることも確認されているので、触れることも禁止されているので保管には十分に注意しなくてはいけません。