フィナックスの有効成分フィナステリドが男性ホルモンを抑制し脱毛を防ぐ

フィナックスは、薄毛治療薬であるプロペシアのジェネリック医薬品です。

アメリカでAGA治療薬として開発され発売された後、日本でも発売されるようになりました。

AGAは男性型脱毛症であり、頭頂部または前頭部から脱毛すると言う特徴があります。

抜け毛が増えて脱毛が進む一方で、発毛しにくくなるため次第に薄毛が顕著になります。

若い人にも多く、遺伝や男性ホルモンなどが影響していると言われていますが、その原因は明らかになっていません。

フィナックスの有効成分は、男性ホルモンを抑制し脱毛を防ぐ働きがあるフィナステリドです。

飲む育毛剤と言うキャッチフレーズでも知られていますが、世界各国で販売されていて多くの男性がAGA治療薬として使用しています。

服用することで発毛が促され、飲み始めてから遅くても半年以内には効果を感じる人が多いとされています。

特にシャンプー時の抜け毛が減ったと実感する人が多く、さらに1年後には脱毛していた部分に毛髪が生えたり増えたと実感する人も多くいます。

即効性がある薬ではないため、とにかく継続して飲み続ける必要があります。

若年性のAGAにも効果を発揮する薄毛治療薬フィナックス

さらに、若年性のAGAに効果を発揮する薬なので、薄毛に気づいたらとにかく早期に治療を開始することで大きな効果を得ることが出来ます。

ただし、AGAの症状が軽度または中等度の人に効果が見られる薬であるため、脱毛が進んでしまった状態の場合では症状の改善はあまり見られません。

自分のタイミングで、1日1錠を決まった時間に服用するだけなので簡単です。

前回の服用から24時間空けるようにし、決められた用量を飲むようにします。

万が一過剰摂取をすると体内のホルモンバランスが崩れ、不調を招くこともあるため注意が必要です。

このように高い効果がある薬には、副作用が何かしらあるものです。

例えば、食欲不振や倦怠感・吐き気や発熱・蕁麻疹や発疹と言った過敏症が表れることもあります。

さらに肝機能に影響が出る場合もあります。

フィナックスを服用した全ての人に副作用が出るわけではありませんが、体が薬に慣れることで副作用も次第に落ち着いてきます。

しかし、長く続くようであれば服用を止め医師の診察を受けるようにします。

また、女性や高齢者・子供の服用は禁止されています。

フィナックスは、通信販売などでも気軽に購入することが出来ます。

ジェネリック医薬品は比較的安価なので継続しやすく、治療費を抑えることも出来ます。