薄毛改善にAGA治療薬フィナックス

薄毛に悩む人にとって、どんな方法が改善に効果があるかというのは気になるところですが、同時に体への負担が少ないものであればさらに良いと考える人も少なくないことでしょう。

AGAの進行を抑制する効果のある発毛薬として、医療機関や通販などで購入できるプロペシアは有名ですが、フィナックスはプロペシアのジェネリック医薬品として販売されている、薄毛改善に効果のある薬の一つです。

この薬には、プロペシアと同じようにフィナステリドが配合されているため、AGAの主な原因とされているDHTを生成してしまう還元酵素である5αーリダクターゼを阻害する働きがあるため、薄毛の進行を妨げる効果が期待できます。

加えて、年齢層が若い世代ほど効果を発揮しやすく、30代40代のなってから服用を始めるよりも予防対策として薄毛が始まる初期段階で服用することでAGAの進行を遅らせることが期待できます。

ただ、フィナックスであっても改善できない脱毛症も存在します。

たとえば、円形脱毛症は精神的ストレスによる原因や、何らかの理由によって本来自身の体をウィルス多細胞から守る役割をする免疫細胞が、頭髪や体毛を異物だと誤認して攻撃してしまう自己免疫疾患が原因となっている場合には、たとえフィナックスで一時的に脱毛症がおさまったとしても、根本的な治療を行わなければ再発する恐れもあるとされています。

フィナックス服用時の副作用や症状

また、女性でも薄毛に悩む人は多いとされていますが、フィナックスと女性ホルモンとの関係性が困難なことから女性の場合はほかの方法で改善するのが望ましいといえます。

そして、気になるのは副作用についてですが、フィナステリドが配合されているということもあり男性ホルモンに作用することから精力減退や勃起不全の症状が出ることがあります。

しかし、服用したからといってすべての人必ずこれらの副作用が出るというわけではなく、あくまで個人差がありますので、服用し始めて勢力が減退気味になったり勃起しづらくなるなどの症状があらわれたら医療機関で相談するからあるいはバイアグラやノコギリヤシなどの精力剤やサプリメントなどを利用して改善していくのが良いでしょう。

そのため、始めてフィナックスを手に入れるときはきちんと説明を受けられる医療機関においての処方で購入するのが良いといえます。

プロペシアに比べて、値段も手ごろで手に入りやすいことから、これからますます薄毛に悩む人が利用することが多くなり需要が増えてくる薬の一つかもしれません。