高い効果があるフィナックス

フィナックスはAGAとも呼ばれる男性型脱毛症の治療薬であるプロペシアのジェネリック医薬品で、1991年にアメリカで開発が始まり、1997年に承認されたものです。

日本では2005年に承認されました。

この治療薬は同じプロペシアジェネリック医薬品のフィンペシアと違い、キノリンイエローというコーティング剤が使用されていないところが特徴になります。

また、健康な成人した男性向けの薬であるところも特徴です。持病がある人は医師に相談してください。

こう言ったフィナックスはフィナステリドという有効成分を含有するものなんですが、この成分は頭頂だけでなく、額にも有効です。

具体的な効果としては、男性型脱毛症の原因であるホルモンを抑制したり、皮脂の分泌量を増やしたりします。

効果が目に見えるまでには、3ヶ月程の期間が必要です。

また、継続して服薬する必要もあります。

安全性がとても高いものですから、継続して服薬しても問題ありません。

なお発毛の治療薬と併用することもできます。

フィナックスの臨床試験で、80%近くの人が男性型脱毛症の原因であるホルモンが少なくなったり、皮脂の分泌量を増えたりしたため、医療機関でも扱われています。